ドラッグストア監修のメタボの診断基準について解説するサイト

メタボの診断基準

2005年4月に日本内科学会合同委員会において、メタボリックシンドロームの概念と診断基準が示されました。その概念とは以下のように述べられています。
@ インスリン抵抗性・動脈硬化惹起性リポ蛋白異常・血圧高値を個人に合併する心血管病易発症状態である。
A 偶然にリスクが集まったのではなく、上流に共通の発症基盤が存在する疾病単位である。したがって単なるマルチプルリスクファクター症候群と同じではない。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

B その共通の基盤として内臓脂肪蓄積が存在する。
C 代謝異常のみを基盤としているわけではない(したがって後天的異常のみではなく遺伝的背景も考慮される) そして、そのメタボリックシンドロームの診断基準は、ウエストが男性85cm以上、女性90cm以上(内臓脂肪の面積が100平方センチ以上になっている目安)またはBMI(25以上)が基準以上で、それに加えて@中性脂肪(トリグリ セライド)150mg/dl以上かつ/またはHDLコレステロール40mg/dl 未満A収縮期血圧(上の血圧)

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

130mmHg以上かつ/または拡張期血圧(下の血圧)85mmHg以上B空腹時血糖110mg/dl以上、これらの脂質代謝、血圧、血糖の3項目のうち、2つ以上あてはまればメタボリック症候群だということになっています。

薬局