ドラッグストア監修の健康診断と違う点

健康診断と違う点

メタボ検診の、従来の健康診断と違う点は、「医療保険者全員にその実施が義務化」「対象範囲も被扶養者にまで拡大」とされている点になります。



いいかえれば、40歳から74歳の国民すべてがこのメタボ検診を受けることが義務づけされることになります。




ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。



また、メタボ検診は、その結果によって、3段階の保健指導を受けなければならなくなります。





つまり、メタボ検診とは保健指導がセットになった検診となります。


薬剤師国家試験