ドラッグストア監修のメタボ検診の内容

メタボ検診

メタボ検診(メタボリック検診)とは健康保険法の改正によって2008年(平成20年)4月 1日からスタートした、特定検診のことで、いわゆるメタボリックシンドローム(メタボリック症候群)を抽出し、メタボリックシンドローム(予備軍含む)と診断されると保健師や管理栄養士によって、それぞれの状態に応じた保健指導を受けることとなってます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

メタボ検診の、従来の健康診断と違う点は、「医療保険者全員にその実施が義務化」「対象範囲も被扶養者にまで拡大」とされている点になります。
いいかえれば、40歳から74歳の国民すべてがこのメタボ検診を受けることが義務づけされることになります。 また、メタボ検診は、その結果によって、3段階の保健指導を受けなければならなくなります。 つまり、メタボ検診とは保健指導がセットになった検診となります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

メタボ検診では、体重・腹囲などの身体測定による内臓脂肪測定と血液検査よる血糖値やコレステロール値の測定、血圧検査などメタボに関わる要素の検査を行います。メタボ検診は、医師の専門的知識や精度の高い血液検査などの医学的見地からの検査で自己診断よりも正確にメタボかどうかを判定できます。それに加えて健康診断と並行して検査することが出来るため、メタボリックシンドローム以外の疾患の発見も難しくないのが利点です。

薬剤師 就職

 

神戸・三宮・元町のヨガ教室なら、ヨガインストラクターの北野 恵理