ドラッグストア監修のメタボの治療法について

治療法

検診でメタボ予備軍またはメタボ発症済みと診断された場合、直ちに予防または治療に踏み切る必要があります。メタボリックシンドロームの発症条件は内臓脂肪型肥満を前提としています。内臓脂肪を減らすことで、血圧や血糖などの数値異常も、かなり改善されると言われています。つまり、メタボ治療では肥満の解消を行う必要があると言えます。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

肥満の解消には、ダイエットが有効ですが民間療法的な方法ではなく、医学的に推奨される方法でダイエットを進めていくことになります。肥満の原因となる体脂肪は、消費し切れなかった糖分や炭水化物などのカロリー源を貯蔵することで発生します。つまり、食事の段階でカロリーを控えていれば体脂肪の発生を抑えられることになります。メタボ治療での食事療法では、糖分と油分を控えタンパク質をしっかり摂る低カロリー高たんぱくメニューが基本となります。これに加えて、噛む回数を増やす指導で満腹感を満たし、間食を控えさせていきます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

食事療法でカロリー摂取量を抑えても、消費量が少なければ脂肪の発生を抑制できません。メタボ治療には食事療法と合わせて運動療法を行なうことが必要不可欠です。メタボ治療の運動療法では、筋肉を鍛えることよりも有酸素運動による脂肪の燃焼に重点をおきます。実際にはウォーキングなど、手軽で長時間行える種類の運動が良いでしょう。

ドラッグストア