ドラッグストア監修のメタボの対策ついて解説するサイト

メタボ対策

メタボ対策商品として、「特定保健用食品」の飲料、体脂肪が付きにくい食用油、カロリーゼロの甘味料、野菜ジュースなど、多くの商品が販売されています。市販薬では、皮下脂肪や便秘の改善をうたう漢方薬、血糖値が気になる人に、食事と一緒に飲む緑茶飲料などがあります。また、電化製品では、内臓脂肪率、皮下脂肪率、BMI、基礎代謝量など体の組成について細かく測定できる、体組成計、血圧計などがメタボ対策商品として販売されています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

しかし、20歳から69歳の人で「メタボリックシンドロームを大変気にしている人」「病院・健診でメタボリックシンドロームを指摘された人」を対象に、「メタボ対策商品」の摂取実態・摂取意向に関するインターネット調査の結果では、食生活の改善など何らかのメタボ対策を行っている人は約8割と多いものの、「メタボ対策商品」の摂取率は低く、今後の摂取意向も弱かった。「メタボ対策商品」の摂取率が低い要因となっているのは、第一に「効果実感度の低さ」があります。「メタボ対策商品」を摂取している人は、「脂肪燃焼効果」や 「おなかの脂肪を落とす効果」といった、脂肪を減らす効果を特に期待しているが、実際にその効果を実感している人は少ないようです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

また、効果以外の問題点として「高価格」であること、また「長期的な摂取・毎日の摂取が面倒」であることが挙げられます。

薬剤師 求人