ドラッグストア監修のBMIについて解説するサイト

BMI

BMIとは「Body Mass Index」の略で、身長と体重から求める体格指標のひとつです。これにより、体重と身長のバランスを確認することができ、簡単に肥満度を調べることができます。学校や会社で行う健康診断でもこのBMIを採用しており、肥満傾向の調査に役立てています。

西中島グランドハイツ ゆったりとした大阪市淀川区の
マンスリーマンション 大阪 光熱費込み、清掃費込み、
インターネット即日接続できる大阪最安値に自信があります!

疾病との関連からこれに着目し疫学的に調査研究したTokunaga et al(1991)は、それが約22(kg/m/m)においてもっとも有病率が低くなるという結果を得、それぞれの身長においてBMIが22となる体重を 「理想体重」とすることを提案しています。 BMIの小さい痩せた人は、肺炎や結核などの感染症の発病率が高く、25を越えると高脂血症や高血圧などの生活習慣病になる確率は2倍以上になり、30を超えると肥満症として治療を要するとされています。従来の「標準体重」などが特に医学的根拠を持たないのに対し、BMI は有疾患率が最も低い点を「理想体重」と設定していることが特徴です。
BMIの算出方法は、BMI = 体重[kg] ÷ 身長[m] ÷ 身長[m]で得られます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

なお、従来よく用いられてきた「標準体重」の算出法は「標準体重」[kg] =(身長[cm] - 100)× 0.9です。この「標準体重」から算出される「肥満度」という数値は、実体重が標準体重からどれだけずれているかを%で表したものです。

薬剤師国家試験